95.シロッコファンオーバーホール

武蔵屋の日々[ブログ] 記事一覧はこちら

シロッコファンの分解洗浄を行いました。
急に排気が悪くなってしまったとの連絡を受け確認に伺いました。
ベルトの劣化とファンの油汚れを確認いたしました。
モーターの異状は見られず、シロッコファンの分解洗浄で処置を行いました。
設置から10数年メンテナンスをしておらず、ファンやケーシングに油が固着していました。
シロッコファンが急勾配の屋根上で、軒のギリギリに設置されており分解作業が困難でありました。
そこで、ステージ付きの足場を架けて作業を行いました。
ほぼ0m/hの場所のあった開口部3個の風量は、洗浄完了後は平均1.1m/hに改善出来ました。
Vベルトは緊急を要しておりましたので先行で確認時に交換しておきました。

94.正面看板取替工事

強い雨風の影響で既存の木製看板が落下していました。
当社の施工した看板ではございませんが、急遽ご相談を受け改修工事を行いました。
今後の事を考え木製では劣化が早い為に、新しい看板はアルミ複合板で施工いたしました。
文字のデータが無く、既存の看板文字を写真で撮り、データ化致しました。
シートの色とLアングルは既存の看板の趣を残すように近似色を選びました。
デザインも少し文字等を大きくし迫力を出しました。
厚み30mmカルプ文字は、ランチ営業に間に合うように事前に工場で貼り付けておきました。
看板撤去から文字のデータ化・製作を含めて、取り付け工事まで10日間で終えました。

93.排水管洗浄作業

排水の流れが悪くなってきた為に、お店の定休日に排水管の洗浄作業を行いました。
作業前に排水管内をカメラで調査を行った所、油の固着が何ヵ所かに見られました。
最初にトーラーで油の塊りを除去し、その後に高圧洗浄機を使用して清掃を行いました。
何度かカメラ確認を行いながら清掃し、油汚れを取りきる事が出来ました。
作業時間は約2時間30分でした。

92.排気ダクト工事

厨房設備機器の納品と排気ダクトの工事を行いました。
建物が境界線ギリギリまで建っており、外部ダクトを取り回す経路はありませんでした。
そこで、2階の控室の一部を使い、床下を開口してダクト経路にいたしました。
消防の条例を遵守し、開口部はロックウール巻きを施し、防火ダンパー(FVS、FD)を取付けて施工いたしました。
床下と壁面の開口は図面を提出して、大工さんにお願いいたしました。
施工時間はフードの取り付けを含み、9:00~15:30で完了いたしました。
主な使用機器は下記の通りです。
・ステンレスフード:1800x900xH600 SUS430 t1.0 No.4
・ミニシロッコファン:BF-23S3
・グリスフィルター:JGZ-501
・ベントキャップ:NFND250SC
・スパイラルダクト:トタン Φ250

91.製氷機入替工事/木製嵩上げ台解体工事

製氷機の入れ替え工事と木製の嵩上げ台の解体工事を行いました。
製氷機は氷の穴が大きくなり製氷能力が悪くなった為に入れ替えを致しました。
排水の都合上100mmの嵩上げが必要です。
工事前は木で製作しており、水による劣化が起きてしまい衛生的に好ましくない環境でした。
そこで、入れ替えの製氷機と共に、既存の1槽シンクも取り外して木製架台を解体撤去いたしました。
今回はブロックで嵩上げいたしました。
製氷機とシンクの高さも合っていなく使用勝手に不便がありましたが、レベル調整を行い高さを合わせました。
背面にも隙間がありましたが、隙間が出ない様に給排水の配管を行いました。
ブロックの隙間は工事後に寸法を取りまして、ステンレス板を加工して後日取り付けいたします。

90.エアコン オーバーホール

飲食店のエアコン室内機の分解洗浄(オーバーホール)を行いました。
天カセ4方向を2台と壁掛式を1台の合計3台です。
洋食店で店内でお肉をお好みで焼く形態の為、油汚れが相当付いていました。
室内機ファンのバランスにズレが生じており、ビル自体に振動してしまうほどでした。
作業時間は早朝から始めて終了は夜8:00まで掛かりました。

89.飛沫感染防止 アクリル仕切り

コロナウィルス飛沫感染防止用のアクリル仕切りを製作し納品いたしました。
アクリルは、透明では飛沫等の汚れが目立つために今回は乳白色で製作いたしました。
脚は保管時に場所を取らない様に取外し式にいたしました。
他にもテーブル用にW580xH550の仕切りも納品させて頂きました。

アクリル乳白色仕切り
・寸法:W380xH550mm 角欠き加工
・厚み:5mm
・脚:L200mm 取外し式