121.非接触型トイレ改修工事

コロナ対策として、非接触型のトイレに改修いたしました。
既存の便器はそのままで、便座を自動便器洗浄、自動開閉装置付きのウォシュレットに取り替えました。
水栓は、近くに電源がないため発電タイプの自動水栓にいたしました。
床のシートも傷みがありましたので、抗菌タイプの長尺シートに張り替えました。
便器とシートを外して見たところ不自然に盛り上がっていた場所は、鉄管をそのままシートで巻き上げていました。
シートの隙間から水が入り込み、相当の腐食が進んでいました。いつ漏水してもおかしくない状態であるため、施主様に説明し配管を塩ビ管にして埋設配管の経路も盛り変えました。
便器のフランジも間違って取り付けられており、新しいフランジを急遽用意して取り替えました。